​避妊手術について

 

早期に避妊手術を行うことで乳腺腫瘍発生のリスクが減少するという研究発表があります。
3回目の発情までに避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率が減少し、さらにその中でも避妊手術のタイミングが早い方がより効果的に発生を抑えることができます。

初回発情の前に避妊手術をした時の乳腺腫瘍発生率 0.05%
初回発情の後に避妊手術をした時の乳腺腫瘍発生率 8%
2回目の発情後に避妊手術をした時の乳腺腫瘍発生率 26%


避妊手術をしていないわんちゃんやねこちゃんは7倍乳腺腫瘍のリスクが高いと報告されています。

一方でデメリットもあります。それは肥満傾向になりやすいという点です。
手術後は性ホルモンのバランスが変化することで、脂肪の代謝が減り、食欲が増すために体重のコントロールがより一層重要になります。

手術後もいつでもダイエットや食事管理のご相談にのりますので、是非お気軽にお声掛けください。

その他、発生率は低いですが、尿失禁やホルモン性の皮膚疾患(脱毛など)などの報告もあります。
​このようなリスクは事前に予測することはできませんので、ご理解ください。

眠れる森の猫
 

​去勢手術

去勢手術は前立腺肥大・会陰ヘルニア・ホルモン起因性の腫瘍の発生を抑える上で効果的です。前立腺肥大は犬の中高齢に多く見られる疾患で、排便障害、排尿障害、疼痛、血尿などが主な症状として認められています。

去勢をしていない中高齢で前立腺肥大が生じ、高齢になってから緊急で去勢手術を行うケースが目立ちます。その予防として、若いうちに去勢手術をお勧めします。

一方でデメリットもあります。それは肥満傾向になりやすいという点です。
手術後は性ホルモンのバランスが変化することで、脂肪の代謝が減り、食欲が増すために体重のコントロールがより一層重要になります。

手術後もいつでもダイエットや食事管理のご相談にのりますので、是非お気軽にお声掛けください。

その他、発生率は低いですが、尿失禁やホルモン性の皮膚疾患(脱毛など)などの報告もあります。​このようなリスクは事前に予測することはできませんので、ご理解ください。

かわいい子犬